OCRによる紙ベース文書およびスキャンのデジタル化

mac

紙の文書やスキャンされた文書をデジタル化し、デジタルワークプレイスを最大限に活用しましょう。保管やすばやく正確な検索が容易になり、利用や編集がすぐにできるようになります。市場をリードするAIをベースとした光学文字認識(OCR)技術の突出した正確性を体験しましょう。これにより事務処理がどれほど簡単になるのか、実感してみましょう。

feature-b

文書をデジタル化し、検索可能なPDFに変換

さまざまな文書を、容易に検索できるPDFに変換します。これにより、デジタルアーカイブからドキュメントをすばやく検索し、保管されている情報にアクセス可能になります。FineReader PDF for Mac®は、長期保管の標準規格のPDF/A フォーマットに対応しています。規格適合性レベルおよびバリエーションは、PDF/A-1 から PDF/A-3 まで対応しています。

feature-b

再利用および編集

クイック変換用シナリオを用いて、紙の文書やスキャンしたファイルを、Microsoft® Word®、Excel®、Apache OpenOffice、などの広く使われているアプリケーション用フォーマットに変換することができます。ABBYYのAIをベースとしたOCR および文書変換技術により、高水準の正確性や元のデータのレイアウトおよび構造を維持します。これにより、編集や再利用が簡単に行えるようになります。

feature-b

高度なドキュメント変換機能

テキスト認識およびドキュメント変換プロセスを、細部に至るまで管理します。最新の変換ツールやオプションは、柔軟性を備えた発展型の文書変換を可能にします。これにより、特殊な文書やタスクにも対応できるようになります。

この有能なツールを使うことで、テキスト、画像、そして表テーブル欄のサイズ、位置および形式を調節できます。各種エリアの追加や削除、エリアのタイプの変更、表構造の微調整、個別のエリア内のテキストのプロパティの特定などが可能になります。これにより、文書のレイアウトの調整管理が、最大限オリジナルの文書に近いものになります。それに加えて、正確性や一貫性がさらに向上しています。

feature-b

保管スペースの節約

mixed raster content (MRC)圧縮を使って、PDF文書のデータサイズを数倍に縮小させましょう。このデータの圧縮によって、視覚的に分かるほどに品質が落ちることはありません。

feature-b

text-to-speechユーティリティのためのテキストコンテンツを作成

FineReader PDFを利用する上で、なによりも先にやらなければならないことは、紙の文書やPDFを対応している電子フォーマットに変換することです。これらの文書は、自動的にtext-to-speechユーティリティを通じてアクセス可能になります。

PDFを編集可能な形式に変換 

mac

あらゆるタイプのPDFを、編集や検索が可能なさまざまなフォーマットに変換しましょう。これらのフォーマットには、Microsoft® Word®、Excel®、 RTF、ODTなどがあり、さらなる編集が可能になります。

feature-v

PDFを完全に編集可能なフォーマットに変換

PDFデータを完全に編集可能なフォーマットにすぐさま変換させましょう。これらのフォーマットには、DOCX、XLSX、RTF、ODT、PPTXなどがあります。必要な場合は、複数のPDFデータをひとつの文書としてまとめることも可能です。ABBYY のインテリジェントなOCRおよびPDFドキュメント変換テクノロジーは、高い認識精度や文書レイアウトの品質を保証し、文書内の構造を確実に保持します。これにより、大きな労力を必要とせずに、さらなる編集が可能になります。.

feature-v

高度なPDF変換機能

高度な変換機能は、さまざまなツールやオプションのセットを提供します。これにより、文書内のエリアの調整、表やテキストプロパティの特定、厳密な管理を行うための文書内の言語の特定が可能になります。さらに、PDF文書を編集可能なフォーマットに変換する際には、際立った柔軟性を発揮します。

PDFを検索可能にする

mac

PDF-to-PDF変換機能は、あなたの全てのPDFを検索可能にし、 アーカイブ化のために正しい準備を行います。

feature-g

スキャンしたPDFデータをデジタル化

スキャンあるいはその他の画像をベースとしたあらゆるPDFデータを100%検索可能な文書に変換しましょう。必要なときにいつでも、数秒以内で情報を取り出しましょう。

feature-g

デジタルアーカイブのためにPDFを準備

PDFを、長期的なアーカイブに適しているフォーマットに確実に変換しましょう。そのフォーマットは、業界標準であるPDF/Aです。必要に応じて、規格適合性を調節することができます(PDF/A-1からPDF/A-3まで)。

文書の画像や紙の文書からPDFを作成しましょう

mac

スキャンデータ、文書の画像、スキャンのPDFデータや紙の文書から、検索可能な業界標準のPDFを作成しましょう。これにより、効率的で安全な共同作業や検索、信頼できるアーカイブ化が可能になり、アクセスしやすくなります。作成したPDFを安全上のリスクから守りましょう。

feature-o

業界標準のPDFを作成

国際規格ISOの規則に従いながら、PDFを作成しましょう。対応可能なPDFの種類には、長期保管に適しているPDF/A、スクリーンリーダーなどのサポートソフトウェアの使用の際に情報へのアクセスを確保しやすいPDF/UAなどが含まれています。

feature-o

パスワード保護の適用

パスワードを設定し、作成されたPDFのコンテンツへのアクセスを管理しましょう。これにより、文書を開けなくしたり、印刷、編集、そして抽出などのコンテンツを使ったアクションを制限したりできるようになります。

真のMacライクなユーザーエクスペリエンス

mac
feature-b

すべてが新しくなったUI

FineReader PDF for Mac®は、Appleエコシステムの高い要求に応えるために、全て新しくデザインしました。これにより、すべてが新しく、最先端のインターフェースを提供できるようになりました。このインターフェースは、最新のMacOSに搭載された機能に対応しており、滞りなく文書を使った作業を進めることができます。スムーズなユーザーエクスペリエンスが、現実になりました。

feature-b

ダークモードにも対応

FineReader PDF用のダークモードの暗い外観を選択し、あなたが好むライトあるいはダークの外観を維持しましょう。

iPhone®で文書をキャプチャしましょう

mac

iPhone®やiPad®の連携カメラで、文書をキャプチャしましょう。あるいは、以前にデバイスで撮影した文書の画像を簡単にインポートしましょう。

feature-g

撮影された文書から検索可能なPDFを作成

デバイス内にある編集ができず、管理も難しい文書の写真を検索可能なPDFに変換しましょう。これにより、必要なときに取り出せ、数秒内にテキストをコピーできるようになります。

feature-g

スキャナーを使わずに、紙の書類を再利用する

iPhone®を使って、「スキャン」を行いましょう。これにより、紙の契約書や手紙、その他の文書を変換し、再び文章を打ち込むことなく、文書内のテキストの再利用が可能になります。

PDFを閲覧

mac

PDFビュワーを使って、変換前にPDF文書を確認し、情報を再利用しましょう。

feature-b

PDF全体を閲覧し、誘導

文書の全てのページとメタデータに目を通しましょう。閲覧モードを選択し、読みやすくするために、必要に応じて文書のページを回転させましょう。

feature-b

PDF内の情報の再利用や共有

PDFからテキストを直接コピー&ペーストし、簡単にテキストを再利用しましょう。また、PDF文書の印刷も容易に行なえます。

対応するフォーマットと言語をさらに追加

mac

FineReader PDF for Mac®は、198もの言語の文書を処理することができます。また、さまざまな種類の画像ファイルやPDFを使って作業を進められます。

feature-v

複数の言語で書かれた文書も変換

複数の言語で書かれている文書も正確に変換します。例えば、ドイツ語の文書内に、英語の専門用語や2ヶ国語による同意書などが含まれているような場合。

feature-v

ブラックレター(ゴシック・フラクトゥール)の表記もデジタル化

1800年から1920年までのヨーロッパで作成され、ブラックレター(ゴシック・フラクトゥール)で印刷された文書をスキャンし、PDFやWord、RTFなどで編集できるようにしましょう。

feature-v

PDF、スキャン、画像、紙文書を変換

FineReader PDFを利用することで、あらゆる種類の文書内にあるコンテンツに素早く、確実にアクセスできるようになります。それは、あらゆるタイプのPDF、印刷された紙の文書、デジタル画像やスキャン画像といったものでも、同様に作業を進めることができます。