PDF の編集および整理

windows

容易で生産的な方法でドキュメントを使用し、完成させることで、させることで、事務処理にかかる時間と労力を削減します。あらゆるドキュメント(デジタル形式のドキュメント、紙から変換したドキュメント)を、同じように効率的な方法で処理します。面倒な変換の手順を踏むことなく、PDF のテキスト、表、レイアウトにアクセスし編集します。

feature-b

PDFの閲覧、操作、整理

ページ、コメント、メタデータを閲覧することができます。ニーズに合わせて、快適な閲覧モードを選択してください。 ページの追加、削除、並び替え、回転、カットが可能です。1 つのPDFに統合することもできます。

feature-b

PDFの情報を再利用

フォーマットを維持したまま、テキストや表を、わずか数クリックの操作で抽出(コピー、ペースト)することができます。メタデータを閲覧およびアップデートし、ドキュメントの権限や統合性を確保するために、デジタル署名で安全性を認証することができます。

feature-b

あらゆる種類のPDFからの情報の読み取りが可能

フルテキスト、キーワード検索やブックマークを使って、スキャンされたPDFでも容易に情報を検索することができます。ドキュメントを開くと、FineReader PDF が自動的に検索不可能なPDFドキュメントを検知し、検索可能にするためにOCR(Optical Character Recognition/光学文字認識)を適用します。

動画を見る EN
feature-b

PDFの編集およびアップデート

古いバージョンをアップデートし、既存のPDFを基盤に新規ドキュメントを作成します。 段落の編集、追加、画像の追加、削除、表内のテキストの編集、ページエレメントのレイアウトの再調整が可能です。FineReader PDF により、スキャンしたドキュメントを、簡単にPDFへとデジタル化することができます。

feature-b

特殊なワークフローのために PDF を管理および調整

カスタムスタンプ、ベイツナンバー、ウォーターマークを使うことにより、ワークフローに合わせてPDF を調整します。 ドキュメントの閲覧を簡単にするリンク、ブックマーク、ヘッダー、フッター、ページ数を追加、編集することができます。 特殊キーワードをメタデータに追加することにより、ドキュメントの検索が簡単になります。

動画を見る EN
feature-b

PDFドキュメントの分割

PDFドキュメントをファイルサイズ、ページ数、またはブックマークで分割します。

詳細はこちら ›
feature-b

検索、置き換え、編集

特定のキーワードを検索して情報をすばやく見つけ、ハイライトされた結果を同じように簡単に操作して、取得した情報を並べ替え、置換、または編集することもできます。

詳細はこちら ›
feature-b

PDFフォームへの記入

PDF フォームもしくはスキャンされたペーパーフォームのインタラクティブフィールドを作成することで、テキストを特定の場所に追加することが可能になります。ファクシミリやデジタル署名を使って、フォームに署名することができます。

PDFの共同作業および承認

windows

アイデアを共有し、チームからのフィードバックを集めましょう。また、ドキュメントの承認も可能です。ドキュメントの校正、コメント、イラスト機能等のツールを活用して、PDF上で直接ディスカッションしたり、決定を下すことができます。

feature-v

校正および注釈

メモ、テキストボックス、さまざまな校正、イラスト機能を使うことで、PDFのあらゆる部分(例:テキスト、画像、チャート、見出し等)に、容易に注釈を入力することができます。

動画を見る EN
feature-v

コメントおよびディスカッション

校正へのコメント、コメントへの回答により、アイデアを交換したり、質問しあうことが可能になります。コメントにステータスを割り当てることで、関係者間の情報の透明性を確保し、チーム内のディスカッションをスムーズにします。

feature-v

他のメンバーの承認を得るためのドキュメント送信

複数の関係者とドキュメントを共有し、同じPDF内で複数の関係者のデジタル署名を得ることが可能です。

feature-v

コメントの管理と決定プロセスの促進

キーワードによる検索、分類、フィルタリング、コメントへのステータスの割当てが可能です。また、ドキュメント全体の特定のステータスに、スタンプを簡単に追加することができます。

PDFの保護および署名

windows

PDFの共有および保管におけるセキュリティリスクを緩和します。デジタル署名の適用、機密情報の編集、非表示データの削除、PDF へのアクセスの管理を行うことができます。

feature-g

機密情報の編集

信頼性の高い編集ツールを利用して、機密情報や重要部外秘情報の漏洩を防ぎます。PDF の文章、ヘッダー、フッター、コメント、メタデータから、個人データや銀行口座番号等の機密情報を、完全に取り除きます。この操作は、元に戻すことはできません。たった数秒で、単一のキーワードまたはあらかじめ定義されたキーワードの一覧を検索し、文書全体を編集できます。

動画を見る EN
feature-g

非表示データの削除

ワンクリック操作で、簡単に非表示オブジェクトおよびデータの削除を行うことで、PDF 内に存在する機密情報を意図せずにシェアしてしまうリスクを低減します。 OCR により追加されたテキストレイヤー、コメント、注釈、添付書類、ブックマーク、メタデータ、リンク、メディア、アクション、スクリプト、フォームデータを削除することができます。

feature-g

パスワード保護の適用

さまざまなレベルのパスワード保護により、PDF へのアクセスを管理することができます。ドキュメントを開けたり、印刷、編集、情報の抽出をできる人物を、制限することができます。

feature-g

デジタル署名による認証

デジタル署名認証機能により、PDFに署名することができます。デジタル署名に加えて、手書き署名の複製を作成して挿入できます。権限や統合性を確保するためにも、PDFのデジタル署名による認証を、行う必要があります。

PDFの作成および変換

windows

PDFフォーマットへのドキュメントの標準化と、そのメリットを活用することで、「デジタル化」へのアプローチを実施しましょう。 紙ベースの文書やファイルを検索可能なPDF(ISO 規格との互換性を有する)、もしくはMicrosoft® Word、Excel®、その他15種類以上のフォーマットでPDFに変換して、編集や再利用における柔軟性を、ぜひ実感してみてください。

feature-o

産業標準PDFの作成

FineReader PDF は、25種類以上のファイルフォーマット、紙ベースの文書からPDFを作成することが可能です。また、印刷機能を有するあらゆるアプリケーションから、PDFプリンターを使用して、PDFを作成することもできます。対応可能なPDFの種類には、長期保管に適している PDF/A-1 から PDF/A-3、スクリーンリーダー等のサポートソフトウェアの使用における情報へのアクセスを確保しやすい PDF/UA 等も含まれています。

動画を見る EN
feature-o

PDFを編集可能なフォーマットに変換

PDFを、Microsoft Word、Excel 等の編集可能なフォーマットに変換します。個別に、または複数のPDFを一度に変換することが可能です。ABBYY のインテリジェントな OCR および PDF ドキュメント変換技術は、優れた情報の正確性の確保とレイアウトおよび構造の維持が可能なため、編集を容易に行うことができます。

動画を見る EN
feature-o

PDFへのドキュメント統合

異なるフォーマットの複数のファイルから、ひとつのPDFを作成したり、既存のPDFから抽出した一部のページを使って、新規PDF を作成します。また、複数のPDFを1つにまとめることもできます。

動画を見る EN
feature-o

高度なPDF変換機能

PDFドキュメントを編集可能なフォーマットへ変換するため、OCR Editor は、正確な制御機能および優れた柔軟性を有する高度なツールとオプションを提供しています。

入力可能なPDFフォームの作成

windows

独自のインタラクティブPDFフォームを作成および編集して、情報を効率的に収集し、文書を標準化しましょう。さまざまなタイプのインタラクティブフィールドからフォームを作成したり、アクションを設定したりできるほか、既存のPDFフォームを編集したり、フォームエレメントを通常のPDFに追加したりすることもできます。

feature-b

PDFフォームを一からデザイン

feature-b

アクションの設定

feature-b

フォームの見栄えを改善

feature-b

既存のPDFフォームの編集

さまざまなフォーマットのドキュメント比較

windows

スキャンを含む様々なフォーマットの2つのドキュメントを比較し、違いを迅速かつ確実に特定します。 認可されていない変更の特定、合意した編集のチェック、ドキュメントの変更内容の確認を、わずかな時間で着実に行うことができます。

feature-v

迅速、確実、容易にドキュメントを比較

feature-v

最も重要な違いにフォーカス

feature-v

比較結果のエクスポートおよびシェア

feature-v

多言語のドキュメントを比較

OCRによる紙ベース文書およびスキャンのデジタル化

windows

デジタルワークスペースを活用して、紙ベースやスキャンした文書をデジタル化することで、ドキュメントの保管、検索、使用、編集が、飛躍的に容易になります。 市場をリードするAI ベースの光学文字認識(OCR)技術の比類な正確性を体験し、これにより事務処理がいかに簡略されるかをご覧ください。

feature-g

検索可能なPDFの作成

紙ベースの文書、スキャン、スキャンされたPDFを、容易に検索可能なPDFに変換します。これにより、デジタルアーカイブで容易にドキュメントを検索し、ドキュメントの情報を取得することができます。 FineReader PDF は、長期保管の標準規格 PDF/A フォーマット、PDF/A-1 から PDF/A-3 の適合性レベル、バリエーションに、対応しています。

feature-g

再利用および編集

紙ベースおよびスキャンされた文書を、編集可能な Microsoft Word、Excel、OpenOffice Writer、その他の一般的フォーマットのファイルに、変換します。 ABBYY の AI 基盤 OCR およびドキュメント変換技術により、優れた情報の正確性、レイアウトおよび構造の保持が可能なため、編集を用意に行うことができます。

feature-g

高度なドキュメント変換機能

テキスト認識およびドキュメント変換プロセスを、細部に至るまで管理します。 OCR Editor は、特定のドキュメントやタスクに必要な柔軟性を有する、ドキュメント変換機能を強化した、行動なツールおよびオプションを提供します。 高性能画像処理ツールと追加設定が、ドキュメントのレイアウトを保持するとともに、ドキュメントの正確性と一貫性を強化します。 実践的な認証ツールにより、テキスト認識の際にエラーが発生した可能性がある変換テキストを、素早く、確実に確認することができます。

feature-g

保管スペースの節約

MRC 圧縮機能によりPDFのファイルサイズを、最大20分の1削減できます。

feature-g

モバイル端末*を使って、文書をスキャン

新しいABBYY FineReader PDF Mobileをお使いのiOSまたはAndroid端末にインストールすれば、さらに処理をするために、ドキュメントをキャプチャし、Windows PCのFineReader PDF 15に直接送ることができます

詳細を読む ›

*モバイルアプリ(ABBYY FineReader PDF for AndroidまたはABBYY FineReader PDF for iOS)が必要です。 Google PlayとApp Storeでダウンロードできます。

デジタル化および変換ルーチンの自動化

windows

自動化ツールを活用して、繰り返しの多いOCR変換タスクを合理化したり、複数のドキュメントを Microsoft ® Word、Excel 等の編集可能なフォーマットに変換することができます。全ての紙ベース文書およびPDFを、検索可能なフォーマットにし、長期的なアーカイブ化における産業規格(例:PDF/A)を活用して、ドキュメントへのアクセスを確保しましょう。

feature-o

Hot Folder を活用して、個人やワークグループに合わせ、ドキュメント変換タスクを自動化することができます。例えば、オフィスの多機能プリンターで、紙ベースの文書のスキャンを準備したり、Eメールの添付書類を処理したりすることが可能です。 Hot Folder は、1 ヵ月に5,000ページを処理することができ*(ページ数は、30日ごとに更新)、ドキュメントの変換に最大 2CPU コアを使用します。

feature-o

ローカル、ネットワーク ライブ、FTPサーバー、メールボックスに監視フォルダを設定します。このフォルダ内のファイルは、事前に定義された設定、もしくはスケジュールに従って、自動的に変換されます。 Hot Folder により、各監視フォルダの処理設定を、調整することができます。

feature-o

組織に導入されたDMS / ERPシステムのユーザーが、ドキュメントの変換と比較を、より簡単かつ迅速に実行できるようにします。コマンドラインインターフェイス(CLI)を介してFineReaderのドキュメント比較または変換機能をすばやく簡単に統合し、ユーザーが作業中のドキュメントのシステムインターフェイスから直接呼び出すことができます。

詳細はこちら EN
feature-o

頻繁に実施されるタスクに合わせて、変換ステップ、設定を調整することができる、カスタム自動化タスクを設定しましょう。繰り返される日常の変換ルーチンを、わずか数クリックで行えるようになります。

*メインのFineReader PDF 15 ユーザーインターフェース内(New Task ウィンドウ)の複数のドキュメントの変換は、全製品エディション(Standard、Corporate)で、無制限に使用することができます。